menu

人事インタビュー INTERVIEW OF HUMAN OF RESOURCES

人事インタビュー

SONY DSC

Visual Technology Companyの担い手として
─ UIターンありきではない、志を共にできる転職を

─ UIターンありきではない、志を共にできる転職を

EIZO株式会社

本社:石川県白山市下柏野町153番地

1968年の創業以来、一貫して「映像」にこだわり、「Visual Technology Company」として高品質・高機能の映像機器やソリューションを提供し続けるEIZO。ビジネス、ヘルスケア、クリエイティブワーク、インダストリー、アミューズメントなどの幅広い市場のニーズに応え、豊かな未来社会の実現を目指しています。

人事部 人事課
主事 村田 淳様

Q.会社のご紹介をお願いいたします。

当社では各種モニターをはじめとする映像機器の製造を、開発から品質管理、販売、アフターサポートまで自社グループで一貫して行い、高品質で高機能な映像表示システムを提供しています。開発面では常に最先端の映像技術を追求し、当社にしか成し得ない新技術・新機能の開発を推進。製造面では、100%自社工場での生産体制により、多品種生産にもフレキシブルに対応しています。営業・サポート面でも多くの拠点を構え、顧客ニーズに素早く柔軟に対応できるのが当社の強みです。また、海外グループ会社は10社を数え、欧米諸国を中心に現在は世界80以上の国と地域で販売されており、高い評価とシェアを獲得。今後は新興国や中東諸国での展開も強化する計画です。

Q.御社の特徴や強みを教えてください。

最大の強みは、さまざまな専門的ニーズに応える映像表示技術の高さです。正確な色が求められるデザインの現場や、医用画像に基づいて診断や治療を行う医療の現場において、忠実な再現力を持つ当社の製品は高く評価されています。さらに、モニターというハードウェアの開発・製造のみに止まらず、周辺機器や制御ソフトウェアなどをトータルで提供する映像ソリューションビジネスにも力を入れ、中でもヘルスケア分野では、当社の手術室向け映像ソリューション(CuratOR)が、医療現場のワークフローを大きく変えつつあります。

SONY DSC

SONY DSC

Q.御社が中途採用で求める人材は?

採用の大前提として、なぜEIZOで働きたいのか、という部分を大切にしています。EIZOブランドはすべての社員の誇りであり、愛着が詰まっています。その一員となっていただくためには、会社や製品のことに強い興味と愛着を持ち、しっかりと理解していただくことが必要不可欠だからです。

過去の実績としては、大手メーカー出身の方が、大手よりも個人の担当領域が広く、裁量のある仕事を求めて入社されるケースが多いですね。皆さん非常に志が高いのが特徴で、現場でキャリアを積んだ後、管理職や役員となったケースも見られます。職種によって必要な専門スキルは異なりますが、どの職種でも必要なのは他者との連携・協調により物事を前進させる力だと思います。単に意見の調整を行うのではなく、EIZOの目指す方向性を踏まえた上で、最も良い方向に導く力が求められると言えるでしょう。

Q.いまUターンIターンを考えている方へメッセージをお願いします。

EIZOは石川県に本拠を構えていますが、ビジネスのフィールドは常にグローバルです。開発から営業までさまざまな職種があり、どの職種でも、世界に向けてインパクトを与えたいという気概を持った方を求めています。グローバルな仕事をしながら、住環境に優れた石川県で生活したいと希望される方にとっては、最高の環境だと自負しています。

当社に限ったことではないと思いますが、Uターン/Iターンありきの志望動機では採用には至りません。実現したい職業人としてのキャリアを軸に据えた上で、その実現可能性がある企業を地域で探し、そして理解していくというプロセスが肝要だと考えます。その結果縁のあった企業こそが、まさに仕事と生活の両面でやりがいとモチベーションを感じられる、最高の活躍フィールドになるでしょう。私たちにはない経験や技術を持つ方が、私たちの志に共感し、EIZOの新たな力となってくださることに期待します。

Copyright (c) Hillstone Career Inc. All rights reserverd.

矢印